地元を発展させる「再生可能エネルギー」

お気軽にお問い合わせください
多治見電力よくある質問

たじみ電力
Q&A

Q1.そもそも新電力って何?

電力の小売市場に新規参入した会社です。

通信会社、ガス会社など異業種からの参入が相次ぎ、現在300社を超える新電力が存在しており、既に数万件のお客様が新電力を選んでいます。
新電力は地域電力会社の送電線を借りて、お客様に電気をお届けします。

たじみ電力・既存電力会社

既存電力会社

新規参入会社

多治見電力・不動産会社

不動産会社

たじみ電力・ガス会社

ガス会社

多治見電力・通信会社

通信会社

たじみ電力・不動産会社

自然エネルギー
会社

Q2.電気の品質は変わらないの?

電力の品質、停電の頻度は変わりません。

既存の地域電力会社の送電線を利用するので電気の品質、停電の頻度に変化はありません。

Q3.停電が起きたらどうするの?

地域電力会社が復旧作業をします。

送電線は既存の地域電力会社のものを利用しますので、送電線の保守を行う地域電力会社が引き続き復旧作業をします。

多治見電力・発電所

発電所

たじみ電力会社送電網、需要・供給・託送

お客様

多治見電力お客様

Q4.電線が一緒なのにどうやって
会社ごとの電気を区別するの?

最新の電気メーターの技術で可能になりました。

全て地域電力会社の送電線を通して電気を送るので、物理的に区別することができません。
それぞれの電力会社が発電した量と、お客様の使用量が同じになる様に管理することで区別しています。

たじみ電力・電気メーター

Q5.電力自由化って何?

電力会社を選べるようになりました。

お客様が電力会社を自由に選べるようになることです。
対象は段階的に拡大され、今では改定を含む全ての施設が自由化の対象となっています。
工場や高層ビルなど特別高圧部門と学校や中高層ビルなどの高圧部門は2000年から順次自由化され、2016年4月に小規模店舗や一般家庭などの低圧部門が自由化されました。

2000年
「特別高圧」
自由化
たじみ電力・特別高圧

高層ビル・
工場

2004年~
「高圧」
自由化
たじみ電力・既存電力会社

学校・
中層ビル・
マンション

2016年
「低圧」
自由化
たじみ電力・既存電力会社

小売商店・
一般家庭

Q6.電力自由化はなぜ必要なの?

世界的に高い日本の電気料金への対策です。

バブル崩壊後、日本の電気料金が世界的に高い事が問題視され、自由化の議論が行われるようになりました。
そして2000年から電気料金の抑制、サービス向上を目指し、段階的に自由化が進められました。

Q7.新電力に変えるとどんなメリットがあるの?

電気料金の削減・様々なサービスを利用できます。

電気料金の削減
新電力は少しでも電気料金を安くしたいお客様に電気をお届けしています。
「たじみ電力」ではお客様の電気の使用状況や現在ご契約中の電力会社の料金体系を基に、お見積りを個別にご指示しております。

Q8.新電力はどうして安く電気を提供できるの?

最新鋭の発電所で効率的な発電、広告費等の管理コストの削減で経済的な電気を提供しています。

最新鋭の発電所で効率的に電気を発電したり、広告費や明細書の郵送などの管理コストを削減し、電気を作る場所と使用する場所を最短でつなぎ合わせて、経済的な電気を提供しています。

発電方法
新電力は少しでも電気料金を安くしたいお客様に電気をお届けしています。
「たじみ電力」ではお客様の電気の使用状況や現在ご契約中の電力会社の料金体系を基に、お見積りを個別にご指示しております。

Q9.新電力はどうやって発電してるの?

たじみ電力では「自然エネルギー」で発電しています。

天然ガスや太陽光・風力等の自然エネルギーで発電した電気をたじみ電力では提供していますが、何よりも地域で作った電力を優先して提供していきます。

自然エネルギー・発電

Q10.万が一新電力が倒産したらどうなるの?

地域電力会社が継続して電気を提供します。

万が一新電力が倒産しても、地域電力会社から継続して電気が届けられます。
その時は、お客様は地域電力会社へ料金を支払うことになります。

Q11.契約するにはどうすればいいの?

変更手続きは3ステップで簡単に行なえます。

施設ごとの電力の使用実績データをご提供ください。
お見積書を作成いたします。

契約申込書をご提出いただきます。
※これまで供給を受けていた電力会社への手続きは不要です。

既設計量器(電力メーター)の交換等の作業を行います。

Q12.どんな作業をするの?

電力メーターの交換、自動検針装置の設置を行います。

低圧施設の場合、電力メーターの交換のみ行います。
特高・高圧施設の場合、電力メーターの交換と自動検針装置の設置を行います。
※作業場所の状況によっては、短時間の停電を行う場合がございます。

Q13.費用はかかるの?

作業費などの初期費用はかかりません。

初期費用無料

Q14.なぜ電気メーターの交換作業が必要なの?

同時同量制御システムを実現するために、電気メーターの交換が必要になります。

Q4.でご説明した、管理・区別のため、同時同量制御システムを実現する、お客様に電気のご使用量を30分単位で計算できる最新の電気メーターへの交換作業が必要になります。

電力の小売市場に新規参入した会社です。

通信会社、ガス会社など異業種からの参入が相次ぎ、現在300社を超える新電力が存在しており、既に数万件のお客様が新電力を選んでいます。
新電力は地域電力会社の送電線を借りて、お客様に電気をお届けします。

たじみ電力・既存電力会社

既存電力会社

新規参入会社

多治見電力・不動産会社

不動産会社

たじみ電力・ガス会社

ガス会社

多治見電力・通信会社

通信会社

たじみ電力・不動産会社

自然エネルギー
会社

電力の品質、停電の頻度は変わりません。

既存の地域電力会社の送電線を利用するので電気の品質、停電の頻度に変化はありません。

地域電力会社が復旧作業をします。

送電線は既存の地域電力会社のものを利用しますので、送電線の保守を行う地域電力会社が引き続き復旧作業をします。

多治見電力・発電所

発電所

たじみ電力会社送電網、需要・供給・託送

お客様

多治見電力お客様

最新の電気メーターの技術で可能になりました。

全て地域電力会社の送電線を通して電気を送るので、物理的に区別することができません。
それぞれの電力会社が発電した量と、お客様の使用量が同じになる様に管理することで区別しています。

たじみ電力・電気メーター

電力会社を選べるようになりました。

お客様が電力会社を自由に選べるようになることです。
対象は段階的に拡大され、今では改定を含む全ての施設が自由化の対象となっています。
工場や高層ビルなど特別高圧部門と学校や中高層ビルなどの高圧部門は2000年から順次自由化され、2016年4月に小規模店舗や一般家庭などの低圧部門が自由化されました。

2000年
「特別高圧」
自由化
たじみ電力・特別高圧

高層ビル・
工場

2004年~
「高圧」
自由化
たじみ電力・既存電力会社

学校・
中層ビル・
マンション

2016年
「低圧」
自由化
たじみ電力・既存電力会社

小売商店・
一般家庭

世界的に高い日本の電気料金への対策です。

バブル崩壊後、日本の電気料金が世界的に高い事が問題視され、自由化の議論が行われるようになりました。
そして2000年から電気料金の抑制、サービス向上を目指し、段階的に自由化が進められました。

電気料金の削減・様々なサービスを利用できます。

電気料金の削減
新電力は少しでも電気料金を安くしたいお客様に電気をお届けしています。
「たじみ電力」ではお客様の電気の使用状況や現在ご契約中の電力会社の料金体系を基に、お見積りを個別にご指示しております。

最新鋭の発電所で効率的な発電、広告費等の管理コストの削減で経済的な電気を提供しています。

最新鋭の発電所で効率的に電気を発電したり、広告費や明細書の郵送などの管理コストを削減し、電気を作る場所と使用する場所を最短でつなぎ合わせて、経済的な電気を提供しています。

発電方法
新電力は少しでも電気料金を安くしたいお客様に電気をお届けしています。
「たじみ電力」ではお客様の電気の使用状況や現在ご契約中の電力会社の料金体系を基に、お見積りを個別にご指示しております。

たじみ電力では「自然エネルギー」で発電しています。

天然ガスや太陽光・風力等の自然エネルギーで発電した電気をたじみ電力では提供していますが、何よりも地域で作った電力を優先して提供していきます。

自然エネルギー・発電

地域電力会社が継続して電気を提供します。

万が一新電力が倒産しても、地域電力会社から継続して電気が届けられます。
その時は、お客様は地域電力会社へ料金を支払うことになります。

変更手続きは3ステップで簡単に行なえます。

施設ごとの電力の使用実績データをご提供ください。
お見積書を作成いたします。

契約申込書をご提出いただきます。
※これまで供給を受けていた電力会社への手続きは不要です。

既設計量器(電力メーター)の交換等の作業を行います。

電力メーターの交換、自動検針装置の設置を行います。

低圧施設の場合、電力メーターの交換のみ行います。
特高・高圧施設の場合、電力メーターの交換と自動検針装置の設置を行います。
※作業場所の状況によっては、短時間の停電を行う場合がございます。

作業費などの初期費用はかかりません。

既存の地域電力会社の送電線を利用するので電気の品質、停電の頻度に変化はありません。

初期費用無料

同時同量制御システムを実現するために、電気メーターの交換が必要になります。

Q4.でご説明した、管理・区別のため、同時同量制御システムを実現する、お客様に電気のご使用量を30分単位で計算できる最新の電気メーターへの交換作業が必要になります。