地元を発展させる「再生可能エネルギー」

お気軽にお問い合わせください

たじみ電力って何?

たじみ電力は、岐阜県多治見市を中心に、
家庭用(低圧でんき)向けと事業用(高圧でんき)向けの
電力サービスを提供しています。

地域で使うエネルギーを地域で生み出し、
地域資金の
循環を目指して活動する事業です。
流出してしまっている資金を、多治見市内で循環させ、より豊かな街に発展させることを目的に活動しています。
電気×ITを活用する地域市民の方向けの
サービスを展開していきます。

多治見電力電気の循環で街を豊かにする 矢印
たじみ電力のお仕事

たじみ電力Q&A

A.電力の小売市場に新規参入した会社です。
通信会社、ガス会社など異業種からの参入が相次ぎ、現在300社を超える新電力が存在しており、既に数万件のお客様が新電力を選んでいます。
新電力は地域電力会社の送電線を借りて、お客様に電気をお届けします。

A.電力の品質、停電の頻度は変わりません。
既存の地域電力会社の送電線を利用するので電気の品質、停電の頻度に変化はありません。

A.地域電力会社が復旧作業をします。
送電線は既存の地域電力会社のものを利用しますので、送電線の保守を行う地域電力会社が引き続き復旧作業をします。

A.最新の電気メーターの技術で可能になりました。
全て地域電力会社の送電線を通して電気を送るので、物理的に区別することができません。
それぞれの電力会社が発電した量と、お客様の使用量が同じになる様に管理することで区別しています。

A.電力会社を選べるようになりました。
お客様が電力会社を自由に選べるようになることです。
対象は段階的に拡大され、今では改定を含む全ての施設が自由化の対象となっています。
工場や高層ビルなど特別高圧部門と学校や中高層ビルなどの高圧部門は2000年から順次自由化され、2016年4月に小規模店舗や一般家庭などの低圧部門が自由化されました。

Q&Aをもっと見る

多治見電力メッセージ

『コンセントの先を考える』

コンセントの先には、多治見で創られた太陽光発電などの再生可能エネルギーに繋がっています。
地球環境の保全をしながら、お子さん、お孫さんの代でも豊かな環境で暮らせるよう、電力会社としての責任を遂行してまいります。
また、企業活動や生活の隅々まで繋がる電力サービスを、ITを活用することで、より革新的なサービスを展開します。
多治見特有の地の利を強みに、多治見の抱える地域問題解決をし、より豊かな街づくりに貢献していきます。